本文へスキップ

うつ病専門の医療機関や窓口も増えてきており、社会としての受け皿もどんどん広がっています。

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

うつ病は一人で悩まない

うつ病とは、近年急増している精神疾患の一つです。特に若年層や青年層のうつ病の発症、それに伴う自殺による死亡者は年々増加しています。男性よりも環境の変化や体の変化が多い女性の方が発症しやすいと言われています。

うつ病の症状としては、憂鬱な状態が長く続く、食欲不振、悲しい苦しいという感情が強い、自分は無価値だと感じるなどの気分が長く続く状態の事を言います。また気分だけではなく自覚症状として頭痛やめまい、吐き気、極度の疲労感などの症状も出てくることもあります。

多くの場合原因は特定されてなく、脳内の神経伝達物質の働きが悪くなる事や過度のストレス、環境の変化などによって発症すると言われています。一般的な治療法としては、十分な休養を取ること、薬による治療、カウンセリングなどの心理療法などがあります。

うつ病はすぐに治る病気でなく、十分な休養を取りながら自分と向き合い克服していく病気です。家族のサポートや職場のサポートがとても大事になってきます。自分の居場所がある事、どんな状態でも受け入れてくれる人がいる事、それを感じられるだけで病気と向き合う気持ちにゆとりが生まれます。うつ病専門の医療機関や窓口も増えてきています。社会としての受け皿もどんどん広がっています。

information新着情報

2018年07月27日
ホームページを更新しました。

おすすめ


  [準備中]